第一回 多重通信方式の概要

第一回 多重通信方式の概要


こんにちは、では早速多重通信方式の概要をさらっと習った上で多重通信方式について勉強をしていくことにしましょう。

多重通信方式って何?


まず多重通信方式とは1つの線(電波)をみんなで使うって意味になります。

例えば、無線基地局があって基地局1個1個があなたの携帯端末専用の電波発信機だったらどうしますか?非効率ですよね。

ではなくて、アンテナからの電波をみんなに共有することを多重通信方式と言います。簡単ですね

上記でなく下記ですよ。

多重通信方式の種類


ではどんなものがあるかをざっと説明して次からはそれぞれどのようなものがあるか確認をしていきます。3種類ありますのでテスト出るんで覚えてください。

FDM frequency-division multiplex アナログ伝送方式の周波数分割多重化方式。周波数帯域をいくつかに分割し,それぞれをチャンネルとして用いて複数のアナログ信号を伝送する方式。

TDM Time Division Multiplexing デジタル伝送方式の時分割多重、通信回線を一定時間ごとに区切ることで、各時間ごとに別々のデータを送受信する方法です。詳しくは後ほど

CDM Code Division Multiplex 符号分割多重通信 いくつかの符号と呼ばれるものを多重化する通信方式です。詳しくは後ほど

まとめ


上記のように多重通信方式とはこのようにみなさんあてに通信をすることを目的とし③つの種類の電波に別れていますということを勉強しました。わかりましたでしょうか?次回をおたのしみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です