第六回 パケット交換方式

第五回 パケット交換方式


こんにちは。今回はパケット交換方式について勉強をします。パケット交換とはなんぞやから始まり、簡単にまとめて終わる予定です。現場作業の後の缶コーヒーがうまい季節ですね。風邪には気をつけてくださいね

パケット交換方式とは


「パケット交換」とは、通信データをある塊として扱い(ひと固まりのデータ)に区切りを入れて、固まりごとに宛先情報やエラー訂正情報などを付加して、相手先に送信する方式をさしています。下記を参照ください

実際にデータを送受信しているとき以外は回線を占有しないため、同一回線において異なる複数の情報を送信することで、回線の利用効率を向上させることができ、複数のデータを送信することが可能になります。

つまりはフレームという単位(一個のブロック)をパケットっていう塊にして送り出すよと。それを受信先で崩しますよということです。

テストにでるまとめ


通信速度および伝送手順が異なる端末間の間でも情報交換が可能

一度に送るデータ量が比較的少なく、通信密度が低いデータに適している

パケットチェックがあるため伝送誤り率が少ない

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です