第七回 マイクロ波による通信

第七回 マイクロ波による通信


こんにちは。今日は寒い?ですね(まあ見てる時によって違うか 笑)こんにちは リクトくんです。今回はパケット交換方式について説明をしていきたいと思います。

マイクロ波って?


マイクロ波とは電波周波数が1〜30GHzのものを言います。特性として直進性(まっすぐ進む)が強く、伝送できる情報量が非常に多いため特定の方向(例えば携帯電話やテレビ中継局)とかに強いです。

マイクロ波のイメージ

テストにでるまとめ(マイクロ派による通信回線の特徴)


利点

占有周波数が大きいので、多重通信回線の設定が可能である。(多重度が大きい)

雑音が少ない

周波数が大きくなるほど、大きな利得が得られる

中継局にて同一場所にそ受信アンテナを設置できるので設計や保守が用意である。

アンテナの指向特性を鋭くできる。他の無線回線との混信を避けることが比較的用意である。

欠点

地形や建物、降雨の影響を受けやすい

10GHz以上の場合、降雨による減衰が大きい。

テストにでるまとめ(マイクロ波のデジダル通信方式の特徴)


利点

多段中継の場合、再生中継により雑音とひずみが少ない

LSIなどの論理回線に構成が容易である。 (論理回線とは物理に対して論理的に振り分けた回線をさします・例えばインターネットの線で電話とネットが使えますよね?そうゆうことです。)

端局装置に多数のフィルタを必要としないため、チャネル単価がやすい

電波干渉などを受けにくい

装置の小型化や送信出力を低減できる

欠点

デジタル伝送における伝送品質は量子化雑音やパルス謝りなどの影響を受ける

フェージングによって波形ひずみや符号謝りを生ずることがある

 

テストにでるまとめ復習(デジダル通信方式の特徴)


送信機の変調方式は主にPSKやQAMが用いられる

受信機の復調方式には同期検波がよく用いられる

中継方式には再生中継方式が多く用いられる

時分割多重通信方式が用いられる。

ちょっと今回は覚える範囲が大きかったかな?

用語集


多重度

物事や通信回線などが多重化されている量? ソフトウェア界隈なんかでは、一台のコンピュータで複数のプログラムを実行する場合、同時に並行して実行する(ことができる)プログラムの数を多重度ということがあります。まあ複数処理のことですかね

利得

「利益」という意味であるが、電子工学では増幅率、感度という意味合いが強くなります。感度良好

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です